解体費用の相場や解体費用を安くする方法

家や工場、倉庫などの解体費用を知りたい人で「解体費用の相場っていくらなの?」「少しでも買取費用を安くする方法はないの?」という疑問にお答えします。

 

△本記事のテーマ

「解体費用の相場はどれくらい?解体費用を安くするためには」

 

△目次

1.解体費用の相場

2.解体を依頼する前の注意点

3.少しでも解体費用を安くする方法

 

△記事の信頼性

 当社は現場資材を中心としたものを買取しているリサイクルショップとなります。スクラップ+リサイクルショップの融合店で全国的にも稀にない新しい形のリサイクルショップです。数多くの解体現場から出てきたスクラップ、製品の買取を行ってきたので解体費用をより安くする方法のご提案ができます。


 

1.解体費用の相場

 解体費用の相場は「その建物の骨組みがどの資材で構成されているのか」によって金額が異なります。解体しやすい木造などの躯体は安く、鉄筋コンクリートや鉄骨の躯体であれば高い傾向があります。

 解体費用の相場は坪単価で決まっており

 

木造:坪4万~5万

鉄骨造:坪6万~7万

鉄筋コンクリート造:坪7万~8万

 

となります。上記金額はあくまでも上屋のみとなりますのでご参照程度にお考え下さい。

 何階建てかによって金額も異なり倍以上の費用がかかる場合もございます。

 

2.解体を依頼する前の注意点

 解体する前に物件にある中身のゴミは自分で処理しましょう。

 中には「ごみを処理するのも面倒だからゴミの処理から解体まで全部依頼したい。」という人もいますが、試行会社は一般のゴミは処分できませんのでご自身で処分するようにしましょう。

 

3.少しでも解体費用を安くする方法

ーリサイクルショップなどに買取依頼

 結論からいいますと「物件の中にある価値あるものは買取依頼を行い現金化する。」です。

 解体を依頼する前に目次2番の前に行ってほしい作業となります。

 「古いし汚いし売ってもお金にならないや。」「どうせゴミ出し捨ててしまおう。」などと考えずにまずは事前に買取店に仮査定を依頼するのをおすすめします。

 当社の例でいいますと工場内にある機械や工具類、スクラップの買取案件、工務店の倉庫にある足場材の買取案件、遺品整理での買取案件など数多くの買取案件をこなしてきました。お客様からも「買取金額を解体費用に回せたので安く済んだ。」「処分に困っていた機械をまさか買取してくれるなんて思わなかった。」などのお声もいただいております。

プロと素人の目線では物の価値を見分ける水準が異なります。ですので、まずはリサイクルショップなどに仮見積りをだしてもらうのがいいでしょう。ほとんどのリサイクルショップは仮査定の場合無料です。

 

ー工場や倉庫などの解体費用を安くする方法

 工場や倉庫などの解体の場合、ほとんど鉄骨で物件が構成されていますので解体費用も高くつきます。また、家とは違い物が多く重量物の機械などが多いので処分に大変な労力がかかります。

 上記の通りリサイクルショップなどに買取を依頼すれば解体費用も安くなると記載しましたが、世間一般的に機械類や工具類、鉄などは買取が難しいと認知されている影響で処分する人が大半です。

 実は、機械類や工具類はかなり高いお値段で買取が可能なことはご存知でしょうか?

 当社の例でいいますと工務店様の倉庫内の足場材買取で50万円、製造業内の倉庫にある機械、工具類で30万円の買取実績などがございます。例えば解体費用150万円としたら50万円も安くなる場合もあるということです。また、当社の場合スクラップの買取も同時に可能ですのでスクラップ代金もお客様に還元いたします。

 ただ注意する点としては、先に解体業者に依頼した場合に解体業者がリサイクルショップやスクラップ店を手配する手順となり買取金額が解体業者の手に渡る場合がございます。もちろんすべての解体業者がそうではないのですが中にはそういった解体業者が存在するのでご注意ください。

 ですので、工場や倉庫解体の場合全てスクラップにせず当社などの現場系や工具系のリサイクルショップにまず問い合わせるのをお勧めします。

 下記は当社の買取製品の一部ですのでご参照までにご覧いただければと思います。

買取商品一覧

 いかがでしたでしょうか?

 まとめますと、より安く解体費用を抑えたいという方はまずは近隣のリサイクルショップに問い合わせるのが良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TEL:078-958-5649
特定商取引法 プライバシーポリシー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。